REGAL

BRAND HISTORYブランドヒストリー

50年以上変わらない、ものづくりへの
こだわりと歴史とともに
進化を重ねてきた歴史を振り返る

1960sBRAND HISTORY

1961(昭和36年)

米・ブラウン社(現クラレス社)と契約締結。
「リーガル」ブランドが日本に上陸

日本製靴株式会社(現リーガルコーポレーション)は、米国を代表する靴メーカー、セントルイスのブラウン社(現クラレス社)と契約。1880年に生まれた「REGAL」は、画期的な販売方法と履き心地や造りの確かさにより全米で最も有名な靴ブランドのひとつでした。

1963(昭和38年)

銀座 テイジン・メンズショップに
VAN-REGALがお目見え

ヴァン・ヂャケットと提携。
当時、改装のため数寄屋橋阪急2階の仮店舗で営業をしていた若者ファッション総本山、銀座「テイジン・メンズショップ」で2種の”VAN・REGAL”を発売。大反響をよびました。

1964(昭和39年)

ヴァン・ヂャケットとのジョイントで
VAN・REGALを全国発売

大好評だったプレーントウ、ウイングチップのトライアルに続き、全国のVANショップ限定でローファーとブーツを追加リリース。その後、季節によりモカシンやカジュアルラインなどを展開し、ファッションシーンを飾りました。

1967(昭和42年)

トラディショナルブランド
”KENT・REGAL”がリリース

VANの卒業生をターゲットとしたKENT・リーガルがデビュー。VANより木型が細く、スコッチグレインの革を採用するなど、トラディショナルで大人の装いが特徴でした。当初、2デザインからスタートしました。

1969(昭和44年)

今に続く、定番商品No.2504が
新製品として発売

この時代、化学分野の発展に伴い、靴素材にも新しい変化が訪れます。今に続く定番No.2504はリーガル初の合成ゴムを表底に採用したモデルとしてデビュー。当初、スエードのみの展開で価格は4,300円でした。

TOP