歩きたくなる道

歩きやすさを追求したリーガルウォーカー。
その一足を履いて、歩きたくなる道があります。
全国に点在する、味わい深く、散歩が楽しい道をご紹介します。

Back Number

川越・鐘つき通り 川越・鐘つき通り

全国で「小江戸」と称される街は、川越をおいて他にない。
中でも、歴史的な街並みが残る「一番街」は外国人観光客にも人気が高い。
今回は、城下町川越のシンボル「時の鐘」がそびえる「鐘つき通り」周辺を歩いてみたい。

この道を知る

川越のシンボルといえば「時の鐘」。城下町の面影を残す建造物で、江戸時代のはじめから時を告げた時計台である。蔵造りの街並みが生まれたのは1893年、川越大火がきっかけだった。焼け残った建物が伝統的な蔵造りだったことから、店舗を蔵造りに建て替えたことがはじまりだ。個性的な意匠で人々の目を楽しませるだけでなく、その多くが今なお現役の店舗として活用されている。少し足をのばすと現れるのが、木々に囲まれた川越氷川神社。6世紀から続く歴史を誇り、縁結びの神様として人々の信仰を集めている。

この道を楽しむ

蔵造りの街並みを目に焼き付けたら、菓子屋横丁を歩いてみたい。明治時代初期、江戸っ子好みの駄菓子を製造する菓子店が集まってできた一角だ。石畳の道には、やさしい色合いのガラスがちりばめられ、多くの観光客でにぎわっている。昔懐かしい駄菓子や、川越名物のさつまいもを使った菓子が並び、世代を超えて楽しむことのできるスポットだ。歩き疲れたら、コーヒースタンドで一服するのもおすすめだ。

この道を歩く

歴史を感じる街並み「一番街」は、見どころがコンパクトにまとまっていて、春先の気軽な散策を楽しめる。石畳とアスファルトが混在する道を歩くには、履き心地にこだわったリーガルウォーカーがふさわしい。散歩気分を盛り上げてくれそうな、明るいカラーリングにもこだわってみたい。

西武新宿線本川越駅から徒歩約12分
JR川越線川越駅徒歩約25分
東武東上線川越市駅徒歩約18分

この道を楽しむ

  • MEN'S
  • LADIES

2019 Fall & Winter

  • FALL 歩きたくなる道 神戸 旧居留地から

2019 Spring & Summer

2018 Fall & Winter

2018 Spring & Summer

2017 Fall & Winter

2017 Spring & Summer